ホームページ制作
FC2ブログ
スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ここ

2005-01-31 23:44
20050131234143.jpg


ぼくらは

惑星の上に

いるのだ
 
 

zord
スポンサーサイト
別窓 | | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
青空

2005-01-31 01:48
20050130201048.jpg

眩しい青空の下

ふと 見上げる

そこにあるのは

いつかの自分 

坂倉
別窓 | 写真 | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
「想い」

2005-01-30 21:36
白の結晶たちが
蒼くて、せつなさに、くるしくなる、
光、注ぐ、
その場所には、
かつて、
君がいた
 
               小笹綾子
別窓 | | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
いつだったか

2005-01-30 18:49
20050130183952.jpg

いつだったか
こんな景色を見たようなきがする

いつだったかこんな階段を誰かと一緒にのぼって向こう側にいった気がする

いつだったか・・
おもいだせないけど

mmk
別窓 | 写真 | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
デジャヴュ

2005-01-30 00:15
20050130000508.jpg

此処ではない何処かへ あなたでない誰かと
あるいは 
此処かも知れない何処かへ あなたかも知れない誰かと

遙かなる記憶へ

深く 深く




坂倉
別窓 | 写真 | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
亜人間ヨシオ

2005-01-29 23:48
20050129234603.jpg


ヨシオは亜人間だ。
ヨシオには亜人間であるという一種自虐的な優越感と亜人間であるが故人間社会から拒絶されているという明快な劣等感が常にある。
ヨシオには戸籍がない。月に一度厚生労働省の下級官僚がやって来て簡単な聞き取りをするが、ヨシオの元に足を運ぶ公務員の仲田氏の携帯電話の待ち受け画面には、去年生まれたばかりの女の子の写真が貼り付けられているのをヨシオは知っている。
外見的にはヨシオは人間とほとんど変わらない。街中を歩いていてもおそらくちょっと変わった人に思われるくらいで、ヨシオが亜人間だなどと察知した人はほとんどいないに違いない。わずかに語頭に「は行」の文字があると発音できないくらいで(ヨシオはホテルと「オテル」と呼ぶ)、実生活においてほとんど不都合はない。
ヨシオには自分にも行くべき場所があり、いつか逢うべき者がいるのだと信じている。それは人間にはもたらされていない遺伝的能力で、亜人間である彼にだけ感知のできる何かだ。この感覚はほとんど確信に近いとヨシオは思っている。
だからヨシオは空気から伝搬するその何かによって、知るべき者たちの間で密やかに語られている世界の秘密を知っている。
今それは彼の胸の内にそっとしまわれているが、いつか自分が何かを失うとき、代わりにその秘密が明かされるのだろうとヨシオは感じている。
しかし、一体何を失うのだろうとヨシオは自問する。僕が得たものなんて何一つとしてないのに。
もやもやした気持ちを抱えながらヨシオは眠る。駆け落ちして行方不明になった姉の消息を想いながら。


zord
別窓 | 亜人間ヨシオ | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑

2005-01-29 23:02
20050129230028.jpg


おぼえてる

海の香り
海の色
海の風


mmk
別窓 | 写真 | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
「散歩」

2005-01-29 22:02
陽だまりに
みつけた
君の キラキラ

手をつなごう
海まで、あと少し、

波音を聴こう

            小笹綾子
別窓 | | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑

2005-01-29 16:10
20050129160122.jpg

遠い日の記憶

ある夏の日の夜

歩き続ける

あなたと



坂倉
別窓 | 写真 | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
「音色」

2005-01-29 09:28
静かな夜の風に
手を伸ばす
行方も知らぬ
夢の欠片が
しゃらしゃら と
触れてゆく

         小笹綾子
別窓 | | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
サイハテ

2005-01-28 21:26
20050128212424.jpg

ここにくるっていってた。
ただ時間だけが、すぎていった。

そして君は

サイハテ

になった。


mmk
別窓 | 写真 | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
さよならビリー・ザ・キッド

2005-01-27 20:58
20050127205447.jpg


「何が君におこったんだ 何かが君をけっ飛ばした
 君がとても透けて見える 消えてしまいそうなほどだ」

孤独なビリー・ザ・キッドは 今 何処に いるのだろう?


【坂倉】
別窓 | 写真 | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
朝陽ののぼるみち

2005-01-27 12:57
20050127125613.jpg


mmk
別窓 | 写真 | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
「ねがい」

2005-01-27 12:22
悲しまない、

云った。

ねがいに満ちて朝陽が
昇った。

私は、まだ、
歩いてゆける、

云った。

             小笹綾子
別窓 | | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
記憶@坂倉

2005-01-25 04:50
20050125043925.jpg



かつて存在していた記憶

忘れかけていた気持ち

ふと蘇る
別窓 | 写真 | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
マッテイル mmk

2005-01-19 21:22
20050119212053.jpg

やくそくをしたわけでもなく

ただただわたしは ここにあなたが来る気がして

ウゴケナイ

mmk
別窓 | アート | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
晴れた日@坂倉

2005-01-13 08:50
20050113084958.jpg


昼下がり

いつもの場所で

いつもの人達と

いつもの日常

別窓 | 写真 | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
ずっといっしょなんだ@mmk

2005-01-12 21:44
20050112214359.jpg
別窓 | アート | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
「きずな」

2005-01-12 10:20
なにげなく
あたたかい
なにもなく
そこに在る

       小笹綾子
別窓 | | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
昼下がりの説教@mmk

2005-01-11 19:57
20050111195507.jpg



昼下がりの説教
別窓 | アート | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
EARTH リレー 開始

2005-01-11 18:53
20050111185055.jpg


ある晴れた日の昼下がり
別窓 | アート | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
| earth |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。